blog

クリニックブログ

矯正治療と審美治療の違い(4)2018/11/09

こんにちは。表参道ヒカリデンタル矯正歯科です♪


前回に引き続き、矯正治療審美治療の違いについてお話させて頂きます。



Q:矯正治療審美治療の違い、具体的な例としてどのようなことが挙げられますか?




A:例えば元々の顎が小さく、歯が口の中に綺麗におさまりきらず、八重歯になっている患者さんがいらしたとします。


審美治療では、歯の根の位置を変えることは考えませんから、歯の位置はそのままに綺麗に整えるために、八重歯を抜いたり、神経を取って歯を削り小さくして上から被せ物をしたりします。


矯正治療では、歯を抜かずに済むよう時間をかけてゆっくり移動させスペースをつくることを目指します。それが難しい場合も、犬歯の後ろの小臼歯を抜き、その後にできたスペースに犬歯を移動させて、前歯の並びを整えたりします。

前歯を抜くことも、神経を取ることもありません。



ブログ詳細
back_top