bridal

結婚式を控えた方へ

結婚式を控えた方へ

ご結婚おめでとうございます。
結婚式当日を素敵な笑顔で迎えたい。そんなあなたの夢をかなえるのがブライダル向けた矯正です。

今や矯正治療は挙式の身支度のひとつと言っても過言ではないかもしれません。大切な挙式の前に歯並びを整え、美しい笑顔で当日を迎えたいものです。
お一人お一人細かなご要望を伺い、治療期間と予算に応じて最適なプランをご提供いたします。また、パートナーと一緒のプランもご用意しています。

6ヶ月以上の余裕がある方は、矯正治療をお勧めします

気になる部分を早期に改善できるように配慮して、専門科の視点から最適なブラケットを選択し、矯正治療を行います。イベント当日は一時的に目立つ装置を取り外し、マウスピースなど目立たない装置にすることもできます。もし当日に、歯と歯のすき間が目立ったりするような状況の場合は、その日だけ仮歯を装着するなど、きれいに見せるための最善の処置を行います。

結婚式や成人式が終わったら、本格的な矯正治療や保定へ

イベント終了後は、矯正治療の再開や保定など、必要な治療を行います。患者さまによっては本格的な矯正治療をスタートすることもあります。ここからの治療は、見た目を美しくするとともに、一生健康に噛むための将来を考えた咬み合わせを作っていくのが特徴です。
ここが、当院の矯正治療と単なる審美治療との大きな違いです。ただ歯並びだけを治すのではなく、バランスのよい咬み合わせにすることで、お口の中の健康を維持し、これからの人生をよりいっそう充実したものにしていただきたいと考えています。

挙式までの矯正の流れ

ブライダル矯正の流れ

当院でブライダル前にお受けいただく矯正は、結婚式当日を治療のゴールとして歯並びを整えていきます。
万が一、結婚式当日までに治療の終了が難しい場合、人目に触れる前歯部を優先して治療し、表側矯正の場合、式の直前に装置を一旦取り外します。
装置を取り外した後は、後戻りを防止するリテーナを装着していただきますが、この装置はご自身で取り外し可能なため、結婚式当日は外して頂けます。
結婚式やハネムーンが終了したら、再度矯正装置を取り付けて、治療の続きを進めていきます。

症例

K様 20代 女性

右上の犬歯と叢生を主訴として治療スタート(フルリンガル)
装置装着後、違和感があると仰ってましたが、
4か月後、残ったスペースに仮歯を付けて結婚式に臨まれました。
きれいな歯並びで結婚式を迎えられ、K様には「本当に矯正治療して良かった」と喜んでいただきました。
挙式までに十分な期間はなかったものの、挙式後に再度装置をつけることで、最終的な治療を行うことができました。

  • 症例1

    初診時

  • 症例1

    4か月後(挙式時)

  • 症例2

    初診時

  • 症例2

    4か月後(挙式直前 抜歯部位にダミー)

  • 症例3

    初診時

  • 症例3

    4か月後(挙式直前 抜歯部位にダミーの仮歯を装着)

挙式・写真撮影で一時的に装置を外す場合、追加料金がかかります。

内容 費用 費用
装置除去+ダミー+再装着 30,000円/片顎 60,000円/全顎
装置除去+再装着 25,000円/片顎 50,000円/全顎

Q&A

  • Q1.挙式まで4~5ヵ月ですが、どの程度歯を動かすことが可能ですか?

    A1. 2週間毎に通院いただき、前歯の歯並びを整えます。不十分なところは、挙式1週間前に白いプラスチックでダミーを作り、歯並びをきれいにみせるようにいたしますので、ご安心ください。

  • Q2.挙式が終わってから改めて全体的に治療できますか?

    A2. もちろん可能です。全体矯正に移行する場合は、差額(ご希望の装置代金から、お支払い済みの金額を差し引いた料金)で承ります。

  • Q3.結婚式や特別な日のために一時的に装置を外すことは可能ですか?

    A3. 可能です。装置を外している期間は取り外しの可能なマウスピースを使用して頂き、また後日改めて装置を装着いたします。

ご予約・お問い合わせ

back_top