ortho

表側矯正とは

表側矯正とは

当医院の表側装置(ブラケット)は、白く透明で、セルフライゲーション(摩擦が少ない)のものを使用しています。
セルフライゲーションのブラケットを使用すると、理想的なニュートラルゾーンに歯を並べることが出来、これによりお口の周りの筋肉の悪い影響を受けにくくなり、矯正治療終了後に安定した咬み合わせを保つことが可能になると言われています。従来のブラケットは、ワイヤーを装着した後に透明なゴムの輪(エラスティック)で結ぶ必要がありました。このエラスティックがカレーなどを食べると黄色く変色し、見栄えが悪く不快でした。それに比べ当医院使用の表側装置(ブラケット)はシャッター式で、エラスティック不要なため、カレーを食べても変色することはありません。治療後は、後戻りを防ぎ、咬み合わせを安定させるために、保定装置(リテーナー)を使用していただきます。

装置の種類

「矯正して目立つのは嫌だな」「目立つのは嫌だけど裏側矯正だと費用が高いな」と思ったことはありませんか?

当院の表側矯正で使用しているブラケットは下記の2種類になります。目立たないこととスムーズに歯牙移動ができるようセラミック製で白く、シャッター(クリップ)式の摩擦抵抗が少ないものを用意しています。

ナチュラルな白さが際立つセラミックブラケットです。開閉ができるクリップ式のブラケットのためスムーズに治療ができます。

クリッピーC/デーモンクリア

全てがセラミックでできているブラケットです。丸みを帯びている作りのため異物感が少ないです。シャッター式のため摩擦抵抗が少なく、効果的に歯牙移動ができます。

ブラケットが目立たなくても、そこに通す針金(ワイヤー)が銀色で気になるという方のために、当院では目立ちにくいワイヤーを用意しています。

通常使用するワイヤー

通常使用するワイヤー

スタンダードはメタルのワイヤーで、銀色です。

レモンゴールド

レモンゴールド

ゴールド色は可視光線において暖色系光線に対しての反射率が高く、明るく見える特徴があります。
口腔内に装着すると、見栄えが明るくなり全体的に矯正装置が目立ちにくくなります。鮮やかな色調で華やかさを演出します。

ピーチゴールド

ピーチゴールド※おすすめ!

ゴールド色は可視光線において暖色系光線に対しての反射率が高く、明るく見える特徴があります。
口腔内に装着すると、見栄えが明るくなり全体的に矯正装置が目立ちにくくなります。落ち着いた色調でシックに演出します。

ホワイトコーティングワイヤー

ホワイトコーティングワイヤー

剥がれにくい特殊コーティング技術を採用した、新しいホワイトコーティングワイヤーです。ナノレベルの微粒子構造をもつ特殊コーティングのため、ブラッシング等でも剥がれにくくなっています。

いかがでしょうか。通常使用するワイヤーよりも目立ちにくく審美性に優れていると思いませんか?
ブラケットとワイヤーの種類を少し変えるだけで、表側矯正に対するイメージが変わると思います。
また、途中からワイヤーの種類を変えることも可能ですので、冠婚葬祭に合わせてワイヤーを選ぶこともできます。

模型に矯正装置を装着したサンプルをご用意していますので、どんなものなのか見てみたいという方は無料相談の際にお声がけください。ご相談お待ちしております。

症例 Kr. F様

  • 症例1

    術前

  • arrow
  • 症例1

    術後

  • 症例1

    術前

  • arrow
  • 症例1

    術後

  • 症例1

    術前

  • arrow
  • 症例1

    術後

60代 女性

主訴
開口を主訴として来院され、非抜歯にて治療しました。歯磨きを怠ると虫歯や歯肉炎になるリスクがある為、ブラッシング指導を取り入れながら治療を進めました。
舌の悪習癖があった為、治療中にMFT(舌のトレーニング)を行いました。
治療後は後戻り防止の目的でタングクリブを使用しています。
費用
装置代 750,000円 保定装置 50,000円 調整料 5,000円×20回=100,000円(税別)
合計
900,000円(税別)
期間
1年8ヶ月

費用について

内容 費用 チェック料
表側矯正 60〜80万円 5,000円/3~4週間に1回

※装置は目立たないクリアタイプのブラケットを使用します。
※症例の難易度によって料金が異なります。

噛み合わせが全身に与える影響

乱れた歯並びの悪影響は、見た目だけの問題にとどまりません。場合によっては歯の寿命を縮めたり、全身に負担をかけることもあります。例えば、食べ物を上手く噛めないまま飲み込んでしまうと、胃腸に負担がかかって消化機能の低下に繋がる場合があります。
また、悪い噛み合わせは顎の関節にも負担をかけます。顎をずらしながら噛む癖がつき、顎関節に負荷が増え、顎関節症や頭痛、肩こりの原因になることがあります。

不正咬合とは

乱れた歯並びを「不正咬合」といいます。一口に不正咬合と言っても、様々なタイプのものがあります。ここでは、代表的な不正咬合の種類についてご説明します。歯並びでお悩みの方は、ご自身のお口の状態がどれに当てはまるのか、調べてみてください。お口がどのような状態であっても、適した治療方法がございます。まずはご相談ください。

  • 過蓋咬合

    過蓋咬合

    上の歯が下の前歯に被っている状態です。食べ物がしっかり噛めなかったり、深く噛みこんだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分に噛む力がかかり、歯が摩耗しやすくなります。

  • 開咬

    開咬

    噛み合わせても、奥歯しか噛み合わず、前歯の上下に隙間ができる状態です。
    幼少期の指しゃぶりや舌を突き出す癖、口呼吸などが原因となります。 前歯が開いているので、前歯で物を噛み切ることができません。

  • 下顎前突(受け口)

    下顎前突(受け口)

    下の歯が上の歯より前に出ている状態を言います。下顎全体が前に出ている場合もあります。
    食べ物が上手く噛めない、奥歯に虫歯ができやすい、発音しにくいなどの問題が生じます。

  • 上顎前突(出っ歯)

    上顎前突(出っ歯)

    上の前歯が強く前に傾いていたり、上顎の歯全体が前に出ている状態です。「出っ歯」と言われる状態です。
    前歯の角度の異常、上顎の過成長、下顎の成長不足、幼少期の指しゃぶりの癖などが原因と言われています。

  • 叢生(ガタガタの歯並び)

    叢生(ガタガタの歯並び)

    歯並びがガタガタになっている状態を言います。顎の大きさに比べて歯が大きいことが主な原因です。
    歯と歯が重なり合って歯ブラシが届きにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言われています。

  • 上下顎前突

    上下顎前突

    上下の歯が両方とも前に出ている状態です。普段から唇が閉じにくい状態になり、ドライマウスになることがあります。唾液の分泌量が低下し、細菌が増殖することで、虫歯や口臭の原因になります。

Q&A

  • Q1.差し歯があるのですが、その歯は矯正治療で動かせますか?

    A1.差し歯やブリッジがあっても矯正装置で歯を動かすことは可能です。しかし一時的に冠やブリッジを外して仮歯にすることがあります。この場合は矯正治療が終了し、歯並びが整った後にその歯並びに合った冠やブリッジを作り直すことになります。

  • Q2.矯正装置は目立ちますか?

    A2.当院で使用しているブラケットは、表から見える部分は全て白い透明な装置を使用しておりますので、従来の矯正装置よりあまり目立たず周りの方に気づかれにくくはなっております。それでも気になる方には表から装置が全く見えない矯正(裏側矯正)、マウスピース型矯正といった方法があります。

  • Q3.期間はどのくらいですか?

    A3. これは症状の程度によって異なりますが、装置を入れて動かす期間はおおよそ2年~3年と考えてよいでしょう。

  • Q4.歯を抜かないと矯正できないのですか?

    A4.当院は極力歯を抜かない治療を目指しておりますが、きれいに歯を並べたり、口元をひっこめるためにどうしても歯を抜くことが必要な場合があります。
    顎を広げるなどの装置を使って歯を抜かない方法もありますが、広げすぎて出っ歯になり、口元に突出感が出てしまっては仕方ないので、レントゲンでどれくらい広げられるか、または奥歯を後方に移動できるか確認して、判断することになります。

  • Q5.金属アレルギーがあっても矯正治療はできますか?

    A5.金属アレルギーであっても矯正治療はできます。装置は、金属を使用しないものも複数ありますので、患者様の体質にあった矯正装置を使用し治療を行います。
    ご心配な方は、まず皮膚科でパッチテストを受け、ご自身がどの金属にアレルギーを持っているのかを確かめることが大切です。

  • Q6.矯正中は虫歯になりやすいですか?

    A6.矯正装置がお口の中に入ると、食べ物が口の中に残りやすくなり、歯ブラシがしにくくなります。いつまでも食渣が歯に付着した状態でいると虫歯になりやすくなります。当院では矯正治療が始まる前と、装置が入った後に歯ブラシの使い方を指導し、カリエスリスクをチェックしています。

  • Q7.何歳まで矯正治療は可能ですか?

    A7.基本的には年齢制限はありません。歯を支えている部分(歯周組織)が健康なら何歳でも治療可能です。症状により治療開始時期が異なります。その人にあった治療時期と方法を選択することが大切です。

ご予約・お問い合わせ
back_top