blog

クリニックブログ

マウスピース型矯正治療に関して②2018/10/05

マウスピース矯正を行うにあたり、シミレーションの画像を作成いたします。
これにより、マウスピースの個数と治療期間が決定いたします。
週に1度、マウスピースを新しい物と交換していき、治療を行っていきます。

ブログ詳細




マウスピース型矯正治療では、通常の矯正装置(ブラケット)を歯につける事はありませんが、アタッチメントと言う小さな突起のようなものを、歯につける必要があります。
これは歯科専用のレジンと言ういわゆるプラスチック様のもので、クリニックで光照射を行って装着をしていきます。ご自身の歯の色に合わせてつけることができ、あまり目立ちません。
しかし、患者さんによっては歯の黄ばみや着色が気になる方がいらっしゃるので、アタッチメントをつける前に、ホワイトニングをして歯を白くしてから、その歯に合った色のアタッチメントをつけることも可能です。



表参道ヒカリデンタル矯正歯科
院長 川崎直子


ブログ詳細
back_top