lingual

裏側矯正とは

裏側矯正とは

裏側矯正は、矯正装置の見た目が気になって治療に踏み切れない方に、おすすめの治療法です。人前に出るお仕事の方にも適しています。

「表側の装置と比べて歯が動かないのではないか」と、ご心配される方もいらっしゃいますが、年々装置が改良され、問題なく治療が行えるようになってきています。当院で使用している装置は、摩擦が少ない装置です。

裏側矯正のメリット、デメリット

メリット

  • 1.装置が見えない

    装置を歯の外側に付けないため、他人の視線が気になる方でも安心して治療を受けられます。

  • 2.虫歯になりにくい

    表側の装置と比べて、汚れがつきにくく、清潔に保つことが可能です。唾液には、自浄作用があり、汚れを流してくれる働きがあるためです。

  • 3.スポーツを楽しめる

    装置を歯の裏側に装着するため、万が一、口元に何かぶつかっても、唇を傷つけることがなく安心です。ボディコンタクトのあるスポーツも楽しむことができます。

  • 4.治療中でもホワイトニングができる

    ホワイトニングは歯の表面に薬剤を塗って歯を白くしていきます。裏側矯正であれば矯正治療中でもホワイトニングが可能です。

デメリット

  • 1.表側の装置と比較すると、治療費が高くなる

    裏側矯正は、オーダーメイドの装置を製作するため、治療費が高くなります。

  • 2.違和感

    裏側矯正は、舌側に装置を装着するため、装置に慣れるまで違和感や話しづらさを感じる方もいらっしゃいます。違和感、話しづらさは数週間から1ヶ月ぐらいで改善することが多いです。

  • 3.噛み合わせをあげる(バイトアップ)

    歯は上顎、下顎の噛み合う部分がぶつかります。前歯の裏側、上の奥歯の内側などは下の歯がちょうど噛み合うため、そのまま裏側矯正の装置はつけられません。装置を装着するために、上顎の奥歯や下顎の奥歯に噛み合わせを上げるためのプラスチックを貼ることがあります。プラスチックを貼っている期間は3ヶ月〜半年ぐらいで、その部分でしか物が噛めず、少しの期間辛抱が必要です。

症例

症例1

治療前

治療前上
治療前横
治療前正面
治療前横
治療前下

治療後

治療後上
治療後横
治療後正面
治療後横
治療後下
主訴
八重歯を治すことが主訴で、来院されました。
1年後に結婚式を控えているので、なるべく早く治療を終わらせたいということで、3-4週間毎に来院し、治療を行いました。
治療解説
下顎前歯2本が先天欠如のため、上顎左右4番抜歯を行い、上下の歯の本数を揃えるように治療を行いました。
装置
ハーフリンガル(上顎内側装置、下顎外側装置)
治療費
装置代ハーフリンガル 1,250,000円
調整料 13回 6,000円×13=78,000円
保定装置 70,000円
期間
1年1ヶ月
リスク及び副作用
矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用

症例2

治療前

治療前上
治療前横
治療前正面
治療前横
治療前下

治療後

治療後上
治療後横
治療後正面
治療後横
治療後下
主訴
開咬(オープンバイト)で前歯で物が咬めない、を主訴として来院されました。
治療解説
前で咬んだり後ろで咬んだりと、咬合が不安定なため、顎関節を中心になるべく顎を前に出さない様に指導。
舌癖が有り、歯並びに影響を及ぼすことから、MFT(舌のトレーニング)も行いました。
上下左右4番抜歯を行い、ハーフリンガル(上顎内側装置、下顎外側装置)で治療。
装置
ハーフリンガル(上顎内側装置、下顎外側装置)
治療費
装置代ハーフリンガル 1,100,000円
アンカースクリュー 2本 40,000円
調整料6,000円×25回=150,000円
保定装置 70,000円
期間
2年9ヶ月
リスク及び副作用
矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用

症例3

治療前

治療前上
治療前横
治療前正面
治療前横
治療前下

治療後

治療後上
治療後横
治療後正面
治療後横
治療後下
主訴
前歯の歯並びと突出感
治療解説
口元が全体的に突出しているため、口が閉じにくく、無理に閉じようとすると下あごにシワが入ってしまうので、口元を引っ込めてEラインの改善を目標に治療を行いました。
装置
ハーフリンガル(上顎内側装置、下顎外側装置)
治療費
装置代ハーフリンガル 1,150,000円
アンカースクリュー 2本 40,000円
調整料 6,000円×30回=180,000円
保定装置 70,000円
期間
2年6ヶ月
リスク及び副作用
矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用

Q&A

  • Q1.裏側矯正は表側矯正と比較し、治療期間が長くなりますか?

    A1.最近は装置が改良されたことと、歯科矯正用アンカースクリューを用いるようになり、裏側の治療期間が表側と比べてあまり差がなくなってきています。

  • Q2.裏側矯正をすると話しにくくなりますか?

    A2. 慣れるまでは多少お話をしにくいかと思いますが、早い方で一週間、長くとも3週間あれば皆様普通に発音できるようになります。

  • Q3.何歳まで矯正治療は可能ですか?

    A3. 基本的には年齢制限はありません。歯を支えている部分(歯周組織)が健康なら何歳でも治療可能です。症状により治療開始時期が異なります。その人にあった治療時期と方法を選択することが大切です。

First Counseling初診相談

当院では初診相談を無料で行っております。

歯列矯正治療に興味のある方は、お気軽にご利用ください。まだ治療を始めるかどうか決めていない方でも、不安や疑問をご相談ください。

もっと詳しく

back_top