invisalign

マウスピース型矯正装置
(インビザライン*)で歯を動かす

透明なマウスピースで歯を動かす

マウスピース型矯正装置とは、プラスチック製の透明なマウスピースを交換していくことで、歯を移動させていく治療方法です。
治療を開始する前に、コンピュータにて歯の移動をシミュレーションし、治療中および治療後の歯の3Dモデルを制作します。3Dモデルのデータを元に、治療が終了するまでのマウスピースを一度に作製致します。

*完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害 救済制度の対象外となる場合があります。

本当に歯が動くのか心配な方へ

本当に歯が動くのか心配な方へ

マウスピース型矯正装置を検討されている方から、「本当に歯が移動するの?」という相談をいただくことがあります。金属のワイヤーに比べ、プラスチックのマウスピースは頼りなく感じるかもしれませんが、しっかりと歯を動かすことができます。

歯の動きをコンピュータ上でシミュレーションし、そのデータからマウスピースを作製します。ですので、無駄なく、効率よく歯を動かせます。ワイヤー矯正では、他の歯を固定源にして歯を引っ張って動かしますが、マウスピース型矯正装置では、全体を包み込み、すべての歯に一定の力をかけて歯を動かします。

ただし、しっかりと歯を動かすためには、一日20時間の装着が必要です。食事や歯みがきの時は取り外しても構いませんが、それ以外の時はマウスピースを装着してください。わずらわしい、面倒くさいは禁句です。患者様の「綺麗な歯並びになりたい」という気持ちが、なによりも必要な治療です。

マウスピース型矯正装置のメリット、デメリット

メリット

  • 1.目立たない

    マウスピースは透明なプラスチックでできています。装着していても目立たず、周りからも気づかれにくいです。

  • 2.取り外せる

    取り外したいタイミングで装置を取り外すことができます。歯磨きにも影響がないので、お口を衛生的に保てます。また、食事も今までと同じように楽しむことができます。

  • 3.仕上がりが予想しやすい

    治療前に歯の動きをコンピュータ上でシミュレーションします。歯だけではなく顔全体の様子を画像や動画で確認できます。

  • 4.違和感・痛みが少ない

    薄いプラスチックのマウスピースのため、違和感は少ないです。また、治療中の痛みも少なく、装置がお口の粘膜にあたる痛みもありません。

  • 5.金属アレルギー

    金属アレルギーの方にも安心の装置です。また、素材も医療用プラスチックのため、体にも無害です。

デメリット

  • 1.装着時間

    マウスピースは毎日20時間以上の装着が必要です。使用時間が短いと予定通り治療が進まないことがあります。

  • 2.適応症例

    骨格的に大きなズレがある場合や、歯の移動量が多くなるケースなど、マウスピース型矯正装置が適さない場合があります。

  • 3.装置装着中の制限

    マウスピース型矯正装置の場合、取り外し可能なため装着した状態での飲食はできません。

お子様にもマウスピース型矯正装置を

10代のお子様専用のマウスピース型矯正装置がございます。友達からどう見られるか気になる時期ですし、たくさんの思い出が写真に残ります。マウスピース型矯正装置なら、治療中でも装置を気にせず、思い切り笑うことができます。永久歯が完全に生え揃わない、10代限定の治療です。

3Dスキャナー(iTero Element2)

3Dスキャナー(iTero Element2)

当院では、3Dスキャナー(iTero Element2)を導入しています。3Dスキャナーは、従来のシリコン印象に比べ、より快適、精密に口腔内の情報をデジタル化することができます。

3Dスキャナー(iTero Element2)の特徴

  • 1.精密

    従来のシリコンでの歯型とりでは、どんなに正確に歯型とりをしても、僅かなズレや歪みが生じてしまうことがありましたが、3Dスキャナーの導入で高精度なマウスピース型矯正装置の作成が可能になりました。

  • 2.快適

    従来のシリコンでの歯型とりでは、嘔吐反射の強い方には辛いものでした。しかし、3Dスキャナーを使うことで、スキャン中も呼吸がしやすく、短時間で快適に歯型を取ることが可能になりました。

  • 3.期間

    シリコンで歯型とりの場合、採得した歯型をアメリカに郵送する必要があり、マウスピース装置がクリニックに届くまで時間がかかっていました。3Dスキャナーでは、スキャンしたデジタルデータをネットで送るため、より早く治療を開始することができます。

インビザライン治療の流れ

治療風景
  • STEP1.初診相談(無料)

    マウスピース型矯正装置(インビザライン)で矯正治療を検討されている方は、初診相談にお越しください。
    口腔内を撮影し、マウスピース型矯正装置(インビザライン)での治療が可能かどうかも含め、治療方針をご説明いたします。

  • STEP2.精密検査

    治療契約を立てるために、口腔内審査、3D光学スキャナーでのスキャン、3DCT撮影、口腔内写真撮影、印象(型どり)などを行います。

  • STEP3.診断

    精密検査のデータをもとに、診断及び治療計画についてご説明いたします。

  • STEP4.設計

    3D治療計画ソフトを使用し、マウスピース型矯正装置を設計していきます。

  • STEP5.マウスピース矯正装置
    (インビザライン)の作成

    設計したデータを元にマウスピース矯正装置の作成を依頼します。発注から2週間ぐらいでマウスピース型矯正装置が当院に到着します。

  • STEP6.治療スタート

    食事と歯磨きの時間を除き、1日20時間〜22時間マウスピースを装着します。2週間ごとに次のステップのマウスピースに交換し、治療を進めていきます。来院は、1ヶ月〜2ヶ月に一回になります。

症例

症例1 Kr. S様

治療前

治療前横
治療前正面
治療前横

治療後

治療後横
治療後正面
治療後横
主訴
正中離開を治したい。前歯の隙間が日に日に広がっていくのが気になる。
治療解説
正中離開は、後戻りが起きやすいので、隙間を閉じた後に上唇小帯切除を行いました。
装置
マウスピース型矯正装置(インビザライン7)アライナー7枚使用
治療費
320,000円+調整料3,000円×7回
リスク及び副作用
矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用

症例2 Kr. O様

治療前

治療前横
治療前正面
治療前横

治療後

治療後横
治療後正面
治療後横
主訴
前歯の隙間と口元の突出感を治したい。
治療解説
上顎の大きさがやや大きめで前方位にあり、上下前歯の外側傾斜が認められたため、できる限り前歯を内側に入れました。
装置
マウスピース型矯正装置(インビザライン)アライナー40枚使用
治療費
750,000円+調整料3,000円×20回
治療期間
1年8ヶ月
リスク及び副作用
矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用

症例3 Kr. A様

治療前

治療前横
治療前正面
治療前横

治療後

治療後横
治療後正面
治療後横
主訴
八重歯を治したい。口が閉じると八重歯が唇から出てしまうのを改善したい。
治療解説
CL1上顎前突、叢生ケース
右上の前歯のIPR(0.5ミリづつ削る)をおこないました。1クール終わるころに留学が決まり、これ以上続けられないとのことで終了。
もう少しマウスピースを追加で使用してもらえたら、さらに良くなっていたと思われます。
装置
マウスピース型矯正装置(インビザライン)アライナー51枚使用
治療費
750,000円
治療期間
1年6ヶ月
リスク及び副作用
矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用

症例4 Kr. O様

治療前

治療前横
治療前正面
治療前横

治療後

治療後横
治療後正面
治療後横
主訴
上の前歯のガタガタを治したい。
真ん中のズレ、ゆがみを治したい。
治療解説
隙間を確保するために上下顎前歯のIPR(0.2ミリづつ削る)を行いました。
真ん中のズレはもう気にならなくなったという事で、追加のアライナーは製作しませんでした。
装置
マウスピース型矯正装置(インビザライン)アライナー47枚使用
治療費
750,000円+調整料3,000円×18回
治療期間
1年半
リスク及び副作用
矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用

First Counseling初診相談

当院では初診相談を無料で行っております。

歯列矯正治療に興味のある方は、お気軽にご利用ください。まだ治療を始めるかどうか決めていない方でも、不安や疑問をご相談ください。

もっと詳しく

back_top