invisalign

インビザライン―透明なマウスピースで歯を動かす

インビザライン―透明なマウスピースで歯を動かす

当院で最も力を入れているのが、マウスピース矯正です。マウスピース矯正とは、プラスチック製の透明なマウスピースを交換していくことで、歯を移動させていく治療方法です。
マウスピース矯正には数種類ありますが、当院ではアメリカのインビザライン社のものを導入しています。治療を開始する前に、コンピュータにて歯の移動をシミュレーションし、治療中および治療後の歯の3Dモデルを制作します。3Dモデルのデータを元に、治療が終了するまでのマウスピースを一度に作製致します。

本当に歯が動くのか心配な方へ

本当に歯が動くのか心配な方へ

インビザラインを検討されている方から、「本当に歯が移動するの?」という相談をいただくことがあります。金属のワイヤーに比べ、プラスチックのマウスピースは頼りなく感じるかもしれませんが、しっかりと歯を動かすことができます。

歯の動きをコンピュータ上でシミュレーションし、そのデータからマウスピースを作製します。ですので、無駄なく、効率よく歯を動かせます。ワイヤー矯正では、他の歯を固定源にして歯を引っ張って動かしますが、マウスピース矯正では、全体を包み込み、すべての歯に一定の力をかけて歯を動かします。

ただし、しっかりと歯を動かすためには、一日20時間の装着が必要です。食事や歯みがきの時は取り外しても構いませんが、それ以外の時はマウスピースを装着してください。わずらわしい、面倒くさいは禁句です。患者様の「綺麗な歯並びになりたい」という気持ちが、なによりも必要な治療です。

インビザラインのメリット

  • 仕上がりが予想しやすい

    仕上がりが予想しやすい

    治療前に歯の動きをコンピュータ上でシミュレーションします。歯だけではなく顔全体の様子を画像や動画で確認できます。

  • 目立ちません

    目立ちません

    マウスピースは透明なプラスチックで出来ています。装着していても目立たず、周りから気付かれにくいです。

  • 取り外しができます

    取り外しができます

    食事や歯みがきの際は装置を取り外していただきます。歯磨きにも影響がないので、お口を衛生的に保てます。

お子様にもインビザラインを

10代のお子様専用に「インビザライン・ティーン」がございます。友達からどう見られるか気になる時期ですし、たくさんの思い出が写真に残ります。インビザライン・ティーンなら、治療中でも装置を気にせず、思い切り笑うことができます。永久歯が完全に生え揃わない、10代限定の治療です。

症例

Kr. O様

  • 症例1

    前歯 術前

  • arrow
  • 症例1

    前歯 術後

  • 症例1

    右歯 術前

  • arrow
  • 症例1

    右歯 術後

  • 症例1

    左歯 術前

  • arrow
  • 症例1

    左歯 術後

20代 女性

主訴
上顎の前突感を主訴として来院され、インビザライン・フルにて治療をスタートしました。1日20時間以上の装着で、約5ヶ月間マウスピース21個を使用しました。着脱や装着時間に慣れてからは、スムーズに治療が進みました。
費用
装置代 700,000円 保定装置 50,000円(税別)
合計
750,000円(税別)
期間
5ヶ月

費用について 

治療名 費用 チェック料
インビザライン
(7ステージ)
32万円 3,000円/2週間
インビザライン
(14ステージ)
52万円
インビザライン
(制限なし)
70~87万円
back_top